home > ごあいさつ

ごあいさつ

園長 三宅葉子

ANGELには、生後2ヶ月から学童の9歳までが通園しています。
異年齢児(たてわり)保育というスタイルで日々明るく楽しく元気にをモットーに頑張っています。

異年齢児保育では、一人ひとりの発達や興味が異なるのがあたりまえのこととして受け入れられています。子どもはみんながそれぞれちがうことをよく知っていて、友達が困っているときとそうではないときを見分け相手の気持ちを考えて、必要なかかわり方が自然にできるように育っていきます。

肌や髪の色、言葉や習慣の違う人、心身に何らかの障害を持つ人などを受容し、共感し、尊重する心を育てることはこれからの国際化社会を生きる子どもの大切な課題です。

ANGELでこれからも育てていきたいことは、

「人間関係を豊にする」
「異質性・多様性を受容する」
「生きる力を身につける」

ということを考えながら日々、明るく楽しく元気に過ごすことです。

社会の激変の渦中で「現在ほど子どもがおかしくなっているときはない」と嘆く人たちが増えています。その中に生まれ育つ子どもたちが、本当に人間として育って欲しい・・・と心から願っています。
乳幼児期の教育の重要性を考え、"人間として生きること、生きるために大切なこと"を伝える大切さを忘れずこれからも、日々努力をしていきたいと思います。

異年齢児保育の重要性とご理解をよろしくお願い致します。

園長 三宅葉子

異年齢児保育/生後2ヶ月から学童9歳までのお子さんが通園しています。